空き家物件No.59

売却物件
価格:1.000万円
住所:水神1丁目
間取:3DK
土地:462.81㎡
建物:78.66㎡
備考:土砂災害警戒区域

DSCN4986.JPG

物件の詳しい内容はこちら↓
59.pdf(PDFが開きます)

内覧希望の方、その他空き家バンク一覧情報はこちら↓
韮崎市ホームページ空き家バンク登録物件


移住者の声【児玉さん】

児玉みちこさん 藤井町 東京都出身

今年古希を迎えられた児玉さんは、香川県高松市から、平成28年11月に移住してきました。移住場所を韮崎にした決め手は、気候の良さや、暮らしやすさ、関東に近いということなどもありますが、1番は、なんと「韮崎市の対応」だったそうです!移住前の問い合わせ、下見の時の対応がとても良かったとおっしゃっていただきました。

韮崎に初めて来たときに泊まったホテル・ルートイン韮崎の裏の岩が「気になってしょうがなかった。」と児玉さん。その岩は、七里岩(しちりいわ)と言います。七里岩は韮崎のユニークな地形の基になっています。石や鉱物が好きな児玉さんにとって七里岩との出会いは、これから始まる韮崎暮らしの楽しみのひとつになったそうです。韮崎市中田町にある博物館・石塊館は児玉さんのお気に入りスポット。「七里岩について学べるし、石や化石や鉱物も見ることができてすごく良いところなの」と教えていただきました。

ルートイン韮崎と七里岩
DSCN4865.JPG

石塊館
DSCN4896.JPG


韮崎で暮らし始めて1年。「アルプスの少女ハイジのような気分になる」と山の景色も気に入っている児玉さん。山の美しさ、古い町並みの美しさ、季節ごとの自然の美しさを感じながら、お気に入りのお散歩コースもみつけて楽しんでいるそうです。出会った人たちとの縁やおしゃべりも大切にしながら、韮崎の面白さを楽しんでいる児玉さんです。

これから移住を考えている方に「移住先を決める時は、気温だけではなく、湿度も含めて調べることが必要です。」と児玉さんから移住アドバイスをいただきました。ご自身にとって暮らしやすい気候の場所を探してみるのも、移住場所探しのポイントになってくれるかもしれませんね。

にらさき「いいら通信」第3号

あけましておめでとうございます

今年もよろしくお願いします。


DSCN4960.JPG

1月に入り、寒い日が続いています。

寒い日に、お家で食べるほうとうは「ほうとうに(本当に)」おいしいです

先日の満月の夜は、月明かりに照らされた鳳凰三山が美しかったです

日常の景色が輝く冬の韮崎、良いですよー

韮崎駅前のイルミネーションでは、

ニーラと武田信玄公がコラボしたイルミネーションが楽しめます 

DSCN4878.JPG 

にらさきいいら通信第3号、ぜひご覧ください